園児の備忘録 *小学生編*

小4男児の習い事その他の日記です(2012.10.1~)

はじめまして。  

辺境の地へようこそ(^^)
-- 続きを読む --

category: ■ ご挨拶

tb: 0   cm: 2

熱くなれ・・・!  

次郎が、思わず泣いてしまうくらいの、
自分の感情を揺さぶる経験をさせてあげたいという思いがあります。

嬉しくて、とか。
悔しくて、とか。

小さい頃から感情の起伏があんまりない子ではあるので・・・。
安定していると言えば安定しているのですが。

幼児の頃は寝転がって泣き叫んだりすることは勿論ありましたが、
手が付けられないと思うほどに続いたことは皆無でした。

そして、我を忘れてはしゃいでいる姿だとか、
何かに挑戦して失敗して、悔しくて泣いている姿だとか、
そういう姿もあんまり見ることができませんでした。

今となっては、小学校で嫌なことがあっても、すぐに収束。
苛々したり怒って暴れたり(ドスドス歩くとか鞄を放り投げるとか)することも、
なくなりました。

ちょっと、感情のブレが無さすぎるよー。

まぁ、悪いことでは全然ないし、
親がどうこうできる類のお話でもないと放っておいたのですが、

ほ~んと、何にもないんですもん。

挑戦する前に考えてやめておくような子に成長してしまいました。
何でもやりたがるとか、そういう勢いは全くなし。

その代わり、やると決めたら一応やるので、その姿勢には好感を持ってはいますが、
もっとこう、挑戦しても良いのではないかと。
そう、思うんですよねぇ。

これから成長していく中で、経験は自ずと積み重なっていくことでしょう。
普通に、淡々と。

でもでも、小学生の間に、もっと挑戦しても良いのではないかと。
そして、成功してみたり、失敗してみたり、してみたらどうかと。
これは親がほんの少しだけ背中を押してあげたいなと、思うんですよねー。

この暑い夏の最中、彼は熱くない。
もっと、熱くなってほしい・・・!

・・・って具体的には、どうしたら良いものか(;^_^A

塾には今のところそういう効果はありません。
ピアノはもっとゆったりと揺蕩うような雰囲気だし、それはそれで良いし。

う~ん。

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

琴引浜  

5年連続の琴引浜に行ってきました、わーいわ~い!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



正午過ぎの様子。
平日のせいか、ぜんっぜん混雑していませんでした♪
海に向かって右側。



海に向かって左側。



海の水が日差しにキラキラと青く透けていました。
海岸もとっても綺麗。
人間が出したゴミがほとんどなくって、
誰かが忘れたビニール袋が2枚落ちていたくらいでしょうか。
そういう場所って、子どもを連れて行きたくなりますよね。

海へ向かう父子。



そう、見送る母の足の指先に気付いた貴方、素晴らしい洞察力の持ち主です。

父を埋める子。



次郎が「どうしても埋めたいの」と言い出し、疲労(理由は後述します)していた父を埋めています。
当然、私も手伝いました(*´ω`*)



9時半から16時までたっぷり6時間半。
思いっ切り遊んで、楽しかったなぁ。

例年寒くなると海辺の温泉にゆっくり入るのですが、
今年は暑かったので温泉も30秒程で済ませてしまいました。
皆さんもそうだったのか、いつもは混雑しているのにガラッガラでしたねー。

帰宅途中で立ち寄った宮津駅前の富田屋さん。こちらも5年連続です。



とっても美味しい大衆食堂なんです・・・!
ただ禁煙ではないので、煙草の匂いが気になる方には向かないかもしれません。
混雑時は相席当たり前なので、運次第の部分もあります。
それ以外は費用対効果抜群のお店、今年も美味しかったぁ(*´꒳`*)



さて実は、現地で、夫が車のスペアキーを紛失しました。

場所は海の底、探す気もなくJAFさんに連絡を取りました。
お兄さんに開けてもらって、気を取り直して遊んで、忘れたころのこと。

「◯◯◯の車の鍵が海の中で見つかり、連絡所に届いております。
 お心当たりのある方はこちらまでお越しください」という放送が(´⊙ω⊙`)

いそいそと向かい、試させていただいたところビンゴ☆で、
皆さんに「良かったねぇ」と言っていただきました。
いやーまさか、見つかるなんてー。

拾ってくださった方は既に帰宅されていて、お礼を言うことすらできませんでした。
何の出がかりもなく、ただ女性だったとのこと。
本当にありがたくてありがたくて、そしてその方の純粋な親切も嬉しかったです。



良いことがあった今日は、私達夫婦の結婚記念日でした。
これからの1年も、きっと良い一年になるに違いないですよ。
やったー!

category: ■ お出かけ

tb: 0   cm: 2

カーズ/クロスロード  

朝一番に『カーズ/クロスロード』を観てきました♪
『カーズ』『カーズ2』もDVDを所有しており、次郎お気に入りの映画です。

さて、今回の感想ですが、
-- 続きを読む --

category: ■ 書籍/映画

tb: 0   cm: 0

個人懇談  

先日、小学校の個人懇談がありました。

担任の先生は、平成生まれと思われるお若い方ですが、
話し方がとても落ち着かれているし穏やかなので、
こちらも落ち着いていられる雰囲気です。

まずは成績のお話と、学校での様子を教えてくださいました。
特に問題なく過ごせているようです。
親の目から見ても、大丈夫だとは思っていたのですが、
先生の口から仰っていただけるとやっぱりホッとしますね。

と、最後に先生が教えてくださったのですが。

「次郎くん、私のことも労ってくれるんですよ(*´▽`*)」

って、思わず吹き出してしまいました。
ね、労うですと・・・!?

「私が何かをしていると、『先生って大変ですよねー』って手伝ってくれたりするんですよ。
 それが嬉しいんです」

成績も学校生活も問題なさそうだと気が抜けた瞬間に、先生ってば~。
動揺したので細かい文言は忘れてしまいましたが、先生はとても褒めてくださいました。
暗に否定しているとか、嫌味とかでもなく。

でもでも。
大人を労う小4男子なんて、何者、いや何様なのさ・・・。

言葉遣いの誤りがあれば、厳しくご指導ください。

と、親として心からお願いしてしまいました。



次郎に確認してみたところ、

「『そんなこと言ってくれるの次郎くんだけだよ』って、先生、喜んでくれたよ。
 他にも、先生の文字は綺麗だからそう伝えたり、いろいろしてるの」

ふ、ふ~ん。

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

塾からの電話  

最近、塾の先生からお電話がありまして。
先日の模試の結果が良かったことを褒めてくださいました。

それはさて置き、
塾での様子も教えてくださったのですが、
今とても良い状態であるとのこと。

「次郎くんはスポンジみたいに吸収している」
「何事にも拒否反応がない、柔軟である」

以前はやり方が間違っていた宿題も、問題なし・・・!
それはやっぱり嬉しかったし、先生にも感謝されました(*´ω`*)

と、ここまでは良かったのですが、

「次郎くん、家に電話するって言うとすごく嫌がるんですよ。
 『塾、やめさせられちゃう・・・』って。
 そんなことないでしょうに(笑)」

と言われて、電話口で吹き出してしまいました。
確かに、宿題のやり方が間違っていたときに、
「こういう電話が続くようなら塾をやめてもらう」と言いました。

でもそれ、塾の先生に言っちゃ駄目だよ~。
母さんが恥ずかしいじゃないのさ(*´Д`)



それにしても案外、塾の先生と打ち解けているものなんですね。
家族以外に、そういう相手が複数いるということは、良いことだと思っています。

相性の問題もあるでしょう、だからこそ、複数いてほしい。
無理せず自然に、打ち解けられる相手がいるということは、
親として安心材料のひとつです。

誰からも好かれる、とか、
誰からも愛される、とか、
そういう子になってほしい訳ではなく。

自然に、いられる。
それって、嬉しいことだと思うんです。

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

ちょオイこら  

小学校の宿題は小学校で終わらせて(その場で先生が丸付けまでしてくれるらしい)、
このところノリノリの次郎です。

確認してみるとちゃんとやってある。
案外、字も綺麗。

「先生との会話が増えたんだよー♪」

そっか、そっか。
良かったねぇ。

先生が目を離しがちな子です。
目が離せない子、アピールできる子、そういう子達の中で、
基本的に地味な子・・・(笑)

でも、戦略的な面もあるんですよ。

本人の話では、常に手を挙げるのではなく、たまに手を挙げるんだそうです。
そうすると、常に挙げている子よりも珍しさから優先してもらえるんだそうで。
指名してほしい、ここぞというタイミングで手を挙げるんだとか。

「それでね、今日はクラスでひとりだけ○○させてもらえたの♪」

とご機嫌だったり・・・。

我が子ながら、たま~に、「やるわねこの子」と思う瞬間があります。



これは「たま~に」なので、当然、
たいていの場合は「ちょ」「オイ」「こら」と思っていますが。

そうそう、つい先日も、
「口」の書き順が左下から始まって一筆書きだったことに吃驚したばかりです。
書き順がどうであれ正解扱いなので、今まで気づきませんでした。

ちょ、オイ、こら。
(ΦωΦ)

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

ピアノ教室229  

今日のレッスンは、

・こどものハノン 9

・ピアノの練習ABC N

・ブルグミュラー 25の練習曲より
「バラード」

宿題
・こどものハノン 9
・ピアノの練習ABC N
「別れ」

レッスンが土曜日の日中に変更になったので、
同席を毎回→月1、2回に減らしてみています。
次郎は不満そう(笑)でももう小4だしね(*´▽`*)

さてさて、以前から思ってはいたのですが、
ピアノの練習ABCの進み具合が悪いですよねぇと、
先生に質問してみました。
だってまだN(13番の練習曲)を弾いてるし・・・。

「はい(笑)でも次郎くんはブルグミュラーを頑張っていますから」
とフォローを欠かさない先生☆

そういえば、ブルグミュラーはいつの間にか残り7曲となりました。
次郎がやりたい順番で進めているので、たまに数えてみないとわからなくなりますね。

「バラード」は5回目のレッスンで合格。
1ヶ月以上弾いていただけあって1発合格となり、ご満悦の次郎でした。
ご満悦のあまり、そして時間が余ったこともあり、遊びで3回も弾かせていただいたりとか。

そうやって遊びで楽しく弾いている姿を見たり、
その弾いている内容が悪くないと思えるとき、
親としては嬉しいものです。

結局、ピアノの練習ABCの曲よりもブルグミュラーの曲の方が好みなんでしょうね。
ブルグミュラーの曲はどんどん弾きたがりますので。
キミはもう、それで良し・・・!

ピアノとの程良い付き合い方がわかってきたかな。
うんうん(*´ω`*)

category: レッスン記録

tb: 0   cm: 0

土踏まずで土を踏む  

機嫌が悪い次郎。
その理由は、足の裏の虫刺されです(笑)

虫刺されで真っ赤に腫れる体質なのですが、
靴下を脱いだところを見てみたら足の土踏まずが真っ赤に腫れていました。

どうやら就寝中に蚊に刺されたようです。

まぁまぁ落ち着いて。
敵は母さんが討っておいたから。

「土踏まずで土を踏むなんて、もう嫌だー!」

ん?
上手いこと言うじゃないの。

「母さん他人事すぎーーー!!!」

他人じゃないよ母さんだからね(*´▽`*)

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

用意周到な行動、かもしれない  

これも、とっても好意的に解釈してくれる友人が言ってくれたことなのですが。

もしかしたら、次郎はすごい子なのかもしれません(@ ̄□ ̄@;)!!



彼はゲームソフトを購入する前に、

○Amazonや楽天でレビューチェック
○YouTubeで実況動画チェック
○ゲーム攻略本を購入、熟読

で、その後に、ようやくソフトを手に入れて遊び始めます。

レビューはさて置き、動画なんて見ちゃったらネタバレでは???
しかも攻略本まで読んじゃって、実際に遊ぶときに楽しくないんじゃないの???

「うふふ、いいのいいのー♪」

一体、何を考えているんだか・・・と思っていたのですが、
友人が褒めてくれました。

気を取り直して改めて次郎を見守ってみたら、
もしかしたら用意周到な行動を取っている(ゲーム限定)、かも・・・?

って、ただ単に、お小遣いが少ないから失敗したくないだけかな(笑)



このやり方は、次郎が自分で考えてやっています。

レビューチェックについては、
夫も私も、何か(ちょっと高価なもの)を購入する前にある程度調べてから購入する派なので、
それを見ていて覚えたんだろうと思います。

YouTubeは、興味がありそうな動画がたくさんリストアップされるので、
どんどん見ていたらどんどん楽しくなってきて自然に、
という感じなんでしょうね~。

攻略本は、活字病だから?(笑)
義父母と兄がいつもお祝いにと図書カードを贈ってくれるので、
それで購入しています。

ハテサテ。
案外、悪くないのかしらん(*´Д`)

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0