園児の備忘録 *小学生編*

小4男児の習い事その他の日記です(2012.10.1~)

はじめまして。  

辺境の地へようこそ(^^)
-- 続きを読む --

category: ■ ご挨拶

tb: 0   cm: 2

前向き掃除  

一昨日のこと。

「小学校は本当に汚いから、掃除は誰よりも一生懸命やってやるんだ!」

帰宅するなり次郎が悔しそうに叫んでいました。

うん。えっと。はい。
本気なのか冗談なのか・・・?

そういえば、4月5月は掃除をサボる子が許せないと怒っていたっけ・・・。

その子の良いところも知ってるよね。悪い子じゃないね。
サボるのは確かに悪いことだけれど、そういう要領の良さも人生には必要かもよ。
それに、その子のことも次郎のことも、きっと誰かが見ているよ。

などと言って慰めたものです。

その子は口が達者なので、先生に対する言い訳が上手なんだとか。
先生の前でだけきちんと掃除するとか。
次郎は正義感が強いというか、そういうのが許せないんでしょうね。

今はもう、スルーできるようになったようです。
その子とも、仲良しではないけれど毎日遊んでいたりとか。
うん、母さんもそれで良いんじゃないかと思うよ。

「オレさ、掃除の時間になったらいつも1番早く始めて、皆が来る前に進めておいてるんだよ♪」

おっ頑張ってるじゃない\(^o^)/

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0

力を抜くということ  

先日も同じことを書いたのですが。

手を抜いていると周囲が思わない範囲で、力を抜くのはOKなんです。
むしろ今のうちにそういうコツを覚えてほしい。
それが今後の勉強にも生き方にも役立つんじゃないかと思います。

次郎にとっては、まず意味を理解することが難しく、
そしてそれを実行に移すことは更に難しいようですが。
そりゃあそうだよね・・・(;^_^A

例えば、漢字の練習や算数のプリント。

「丁寧に」と言うと、本当に時間をかけてとても丁寧にやります。
それはとても良いことではありますが、
時間がかかる、とにかくかかる。
だから「程々に丁寧に」と言うようになりました。

具体的に、イメージが伝わるように、
漢字ならばこの字はOKでこの字はNGとか、
自分が誰かに見られたときに恥ずかしいと思わない程度の字はどれか、
先生に見てもらうときに失礼ではない字はどれか、
そういうものを常に考えるようにと。

今でもまだ「程々に」が難しいと次郎は言います。
丁寧になったり雑になったり。

うんうん、わかるよー。
臨機応変に「程々に」って経験で身につけていくものだからねぇ。

それでも、最近は多少上手になってきたかな(*´ω`*)
小学校の勉強も塾の勉強もその他のことも、
手を抜かずに力を抜くコツを体得していってほしいものです。

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

ネジ考  

夫を誘って、網戸の張り替えをしましたー♪

って報告する予定だったのに、
ただの網戸の丸洗いになっちゃいました。
残念・・・(._.)

でも水洗いだけでも新品みたいに綺麗になりました(*´ω`*)

外し方がどうしてもわからなくて(ネジを何個か外すだけですが)、
結局、大掃除でも掃除していなかったもので、
本当に汚れていたんですよねぇ。

すごく気持ちが良いです。
やったー!!!



ネジを見て思い出したのですが。
私、こういう系統の仕組みがわかっていないんですよね・・・。

以前も鯉のぼりをベランダの手すりに設置するためにあれこれやっていたら、
材質が弱かったのか?傷だらけになったりとか・・・(手すりが)
しかも結局できなかったし!

見かねた義父がそっちに行って付けようかと言ってくれましたが、
さすがに高速を使って往復3時間以上かけて来てもらうのも申し訳ないので遠慮して、
後日夫につけてもらいました。

ネジとか工具とか見ているのが好きなんですが、
いざやってみると適当にやっているせいか、
ネジの頭のプラスとかマイナスの部分が潰れたりとか、
数々の失敗があります。

そもそも右に回すのか左に回すのか?わからない。

そういえば私、右と左の咄嗟の判断ができないんですよ。
自分は右利きだから右手が右、という段階を経てやっとわかる。

同じような感覚で、方向音痴です。
慣れない場所では、一旦お店の中に入ってグルグル歩き回ってしまうと、
お店から出たときに自分がどこから来たのかわからなくなっちゃうんです。
もう大人なので、入店前に周囲の景色を覚えていますが、
ぼんやりしていると駄目ですねー。

地図は絶対回さないとわからないし。

理系に進んでいたら苦労していたんじゃないかと思います。
そういう能力が低いんでしょうねぇ・・・(´・ω・`)



もうアラフォーなので自分の得手不得手はわかってきていて、
得手ならより積極的に頑張ってみたり、
不得手でも他人に迷惑をかけない範囲ならば自分を許容できるようになりました。

今回は夫に手伝ってもらった訳ですが、夫は他人じゃないからOK(笑)
そもそも大掃除の一環なんだし、これからも一緒に仲良くやりましょうね~♪

category: * 私の備忘録

tb: 0   cm: 0

抜いて良いもの悪いもの  

塾の勉強については、

手を抜いたら、怒ります。
そのまま改善されなければ、休塾か退塾か。

手を抜くって、

成績が良い=手を抜いていない
成績が悪い=手を抜いている

どちらでもなくて。
むしろ成績は無関係なんですよね。

次郎の場合は、宿題のやり方が間違っていたことがありました。
先生に指導されていたのに数回続けて間違ったまま。
内容がわからなかったんじゃないんです。
それってつまり、手を抜いていたということで・・・。

しっかりと反省してもらいました。

「母さんは成績が良くっても塾をやめさせるって言うんだもんなぁ」

そんなの当たり前ですよ(`・ω・´)



勿論!ですが。

手を抜いていると塾の先生方や私が思わない範囲で、力を抜くのはOKです~。
そういうコツも覚えてほしいところですし、今後の勉強にも生き方にも役立つと思います。

って何だか言葉遊びをしているみたい、日本語って難しいね(;^_^A)

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

母子のExcel教室その2  

Excelを使って自分のスケジュール表や塾のメモを作っている次郎。

ふと見てみたら、時間を手打ちしていました。
まぁ吃驚!ちなみに間違えてました。
手打ちではコロンの全角半角なんかも間違えやすいもんねぇ。

そこで私がExcelの機能で簡単にできることを教えてあげたら、

「早く教えてよー!わーん!」

って(笑)
ごめんごめん、まさかそんなことをしているとは思わなかったのよ。

以前、簡単に使い方を説明したときにExcelのショートカットキー一覧を用意したので、
一応そういうのはわかってきたようなのですが、
こちらはさすがに難しかったか(^^;)

まぁまぁ良いじゃないの。
こういうことは自分で失敗しながら覚えていくものなんだから~。

次郎の話によると、小学校のパソコン教室ではブラウザ、文字入力ソフト、
百ます計算ソフト、タッチタイピングソフト等を使用しているようです。
あっ違った、ソフトはあるけどいつもブラウザと文字入力ソフトを使って終わりなんだそう。

とにかく時間が足らないみたいだけど、そりゃあそうだと思うんですよ。
先生ひとりで30人近くを見て、ましてや慣れない子だっている中で・・・。

次郎はその物足らない気持ちを解消するべく、自宅でPCに向かっているようです。
Excelは直感的に使えるし、表を書く目的にちょうど良かったみたい。
子ども向けではないので読めない漢字とかわからない単語はあるけれど、
やってみたら何とかなる。
Excelをどんなに暴走させたってPCは壊れないんだから、
安心してやってみてくださいなー。

やっと完成!



「オレすごくがんばった気がする」

うんうん、時間を忘れて取り組んでいたね(*´▽`*)
っていうか、何よりこの時間のところを手打ちしてたからね(;^_^A

PCとかプログラミングとか、
興味がないならわざわざ教えたいとは思わないのですが、
やってみたいんだったら教えることにやぶさかではありませんゾ。

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

面倒くさいとか  

塾ではたまにパズル要素のある問題を解くんだそうです。

「今日さ、オレが一番先に解いたんだ♪
 母さんにきたえてもらったおかげだよ~!」

と、帰宅するなりご機嫌の次郎。
そうでしょう、そうでしょう。
お母様に感謝しなさいよねー!

どんな問題だったの?と聞く前に出題されたのですが、
即答したら「さすが、母さん」と尊敬されました。
やったね(*^^)v



天才脳ドリルとかなぞなぞ問題とか、時々ですが一緒にやってきました。
それは、私がそういう問題が好きだからというのと、
もしも中学受験をするなら避けて通れない分野だと思っていたからです。

必要に迫られてから勉強を始めても、この分野を短期間で習得するのは厳しいと思うので。
もちろん、特に対策を取らなくても解けちゃう子はいますが、
我が子がそういう子だとは思えないので~(;^_^A

現時点で、ソレ系の問題に苦手意識を持たない子になれたのは良かったと思います。
私、超グッジョブ!

次郎は「算数の文章問題が一番好き」と言います。
うん、うん。
それはわかるんだけど、まずは普通の計算問題を間違えないようにねー。

国語も「文章問題が好き」と言います。
うん、うん。
それもわかるんだけど、まずは漢字を間違えないようにしようー。

皆が丸をもらう問題は、自分も丸をもらっておかないと・・・!
と、このあたり、親としては当然思います。
点数が上がれば成績だって上がるでしょうし。

ただ、強く言うことでもないかなって。
高校受験はまだまだ先だもんねぇ。
今は、面白い問題を解く楽しさに気付き、それを味わえていることに意味があると思っています。

だから母さんは、公開模試以外は目を通さないようにしているんだよ。
見たらホラ、気になっちゃうじゃない。
ただ面倒くさいからとか、そういうんじゃないからー!
大人は全てを深慮して行動しているのです。
悪しからず( ˘ω˘ )


category: 小学校

tb: 0   cm: 0

2→3→2  

夫も私も、大学進学を機に家を出ています。
そしてそのまま地元以外で就職しました。

なので、次郎もそうなるのかな~という思いはあります。

そうなると、高校卒業するまで。
それまでが、子どもが自立するため、子どもを自立させるための準備期間なんだなぁ。

短い、なぁ。



大学はもし近ければ自宅から通ってもらっても構わないけれども、
社会人になったら近くても一人暮らししてもらいたいと考えています。
経済的な問題などがあれば話は別だけど・・・。

個人的には、一人暮らしの経験は積んだ方が良いと思うんですよねぇ。

そして当然ですが、私が通い妻のように週末ごとに様子を見に行く、なんてことはしません。
連絡手段が発達した現代社会。電話なりメールなり、安否確認はいくらでもできますもん。

そんな訳で、どんどん残り少なくなっていく子どもとの時間を、大切に過ごしたいものです。

「おはよう」とか「おやすみ」の挨拶も一緒に暮らしていなかったらできない。
想像すると切ないのだけれど、ありがたいことなんですよね。



さて気を取り直して。

次郎が家を出て夫婦ふたり暮らしになったとき、自分はどんな風に思うんでしょうね・・・?

義母は、子ども達がそれぞれ社会人になった時に「さぁこれからだー!」と思ったそうです。
私もそんな風に思うことができたら良いけれど、そんな風になれる気がしません。

しませんが、どうしようもないしなぁ(*´Д`)

category: * 私の備忘録

tb: 0   cm: 0

「小学校の愚痴」を言える場所  

塾には随分と慣れてきたようです。

人数は減ったり増えたりするものの、
一緒の子はずっと一緒だし、
塾の雰囲気自体に慣れたので新しい子と話すときでも気楽なんだそう。

今は小学校の愚痴(運動会の練習のこと)を言い合っているようです。
それがとてもストレス解消になるらしく・・・(笑)

小学校で「小学校の愚痴」は言いにくい。
先生の目もある。
だからこそ塾で「小学校の愚痴」を言うのが良いようです。

同じ小学校の子はひとりだけで、他校の子ばかりですが、
それでも皆同じような愚痴があって、共感したり、してもらえたりするんですよね。

「塾ってやっぱりストレス解消になるなぁ♪」

とご機嫌な次郎です。



さて、もうすぐ塾の個人懇談があるのですが、
二者面談にするか三者面談にするかを悩んでいたら、

「オレがいない方が先生も本音で話しやすいかもしれないから、二者面談にしたら?」

と言われました。
そう?じゃあそうしようかなー。

・・・えっと、何か私に隠し事があるんじゃないよね?(;^_^A

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

中学受験を一瞬だけ検討  

中学受験をするには、きっといろいろな理由があるのでしょうけれど、
私が一番納得できたのは「子どもの性質に合っている」です。

小さい頃からコツコツやってきた子が(そういう性質の子が)、
周囲が頑張り出す前に、勝ち逃げするようなイメージ。

勝ち逃げというか、お先に失礼するみたいな?
中学受験をする子=勝ち組、中学受験をしない子=負け組、
だなんてことは1ミリも思っていませんが・・・。



ねぇ次郎、キミは今がピークかもしれないから、
中学受験しておいた方が良いかもしれないよ。

我が子に対しては嘘をついてまで褒める気がないので、
率直に言うようにしています( ˘ω˘ )


「いやだよ、今のノンビリ生活を楽しみたいよ」
「勉強は中学生になったら頑張るからさー」

だよねー。
そう言うと思ってました。
中3で受験生になったときに後悔して八つ当たりしないでよねー!

「大丈夫、大丈夫♪」

軽いわ、軽すぎる(*´Д`)



一瞬だけ、もしかしたらと思ったのですが、
やっぱりそうだよねーという結論になりました。

これも理由としてよく言われる、
「親が上手に誘導する」とか「子どもにやる気がある」とか。
どちらにも当てはまらなかったみたいです(´-`*)

category: 小学校

tb: 0   cm: 0