園児の備忘録 *小学生編*

小5男児の習い事その他の日記です(2012.10.1~)

はじめまして。  

辺境の地へようこそ(^^)
-- 続きを読む --

category: ■ ご挨拶

tb: 0   cm: 2

自分を知る者  

次郎の場合は、知的好奇心とか吸収力とかは、ゴールデンエイジの今がピークなのかなと。

ただ勉強って、大学受験が済んだら終わりじゃなくって、
大学卒業して社会人になってからだって必要になってくると思うんです。

これから続く長い道程の、今はまだ始まりの段階。
始まりの段階なのに勉強が「面白い」「楽しい」と思えなかったら先々困る・・・ということで、
通塾したし転塾した。

今の塾に通っていなかったら「勉強ってつまらないんだ」で終わっちゃいそうだったから、
始めたことに後悔はないんですよー。
そりゃあ私は、面倒くさいんだけど。面倒くさいんだけど。面倒くさいんだけど(エコー)

その面倒くさい気持ちが出てしまっているのか、
次郎には常々、

「もっと厳しくしてぇぇぇ」

と責められています(;^_^A
そんなこと言われても、困る(;^_^A

じゃあ気分転換にお尻でもつねってあげようか?

「ぎゃあああーーー!!!」

やぁね、大袈裟なんだから。



厳しくすることは、なかなかできないのですが、
大人の視点で相談に乗ることはできるので、それを心がけています。

よく「勉強ばかりしていちゃ駄目だ」って聞くのですが、
次郎はどんなにやってもまず「勉強ばかり」にはならないから、
それは気にせずやってみたら?とか。

やっぱりまだ子どもなので経験が浅く、
たまに、言葉をそのまんま受け止めてしまう瞬間があるんですよね・・・。

「勉強ばかりしていちゃ駄目だ」って、正論だし正にそのとおり。
子どもには遊びも勉強も習い事もバランス良くしてほしい
成功体験とか失敗体験とか、どんな経験でもしてほしい。

という気持ちは私ももちろんあるのですが、
次郎は、まずそこまで勉強してないし・・・(笑)

どうやら次郎の中では、
誰かに「勉強ばかりしていちゃ駄目だ」と言われる
 →俺って勉強しすぎ!?
 →なら、もう少し遊んでおこうかな・・・となったようなんです。

あはは(ノ´∀`*)

自分のことを一番知っているのは、自分なんだからね。
自分次第なんだよ。

category: 小学校

tb: 0   cm: 2

意識を無意識に  

私の中には、

通塾は本人の希望なので、
通塾および宿題をするのは当然として、
塾代を出す親には多少の向上心を見せるべき!

という思いがあります。

無理させたいとかじゃなくて、
過度の期待をしているとかでもなくて、
・・・

次郎の塾は、宿題量が多いという程ではありません。
それはクラスに合わせた難易度だったり量だったりで、
次郎の場合はそこまで負担に感じていない。

だったら余った時間にタブレットで遊ぶんじゃなくて、
もう少しだけ他の勉強もやってみる、とか。
そういうことなんです。

で、
「ちゃんとプラスαやってたよー」
というのが次郎の言い分。

一応、最低限のことは続けていたみたいです。
私も、別にそれでいっかーと思っていたのですが・・・。

多分、次郎が何気に器用だったせいで、
最低限のことが段々と本当に最低限になってしまって、
ちょっと足らなくなってしまったんじゃないかと(;^_^A


あとは、意識の問題もあります。
例えば、問題ひとつ取っても、意識の持ち方で全然違いますよね。

ただ与えられたら解いて、正解だったら終わり。

じゃなくて、

言葉ひとつに、文章ひとつに、
出題者の意図に思いを巡らせてみたりとか、
他の正解を探してみたりとか、
もっと四方八方に視野を広げていく・・・。

そういう意識を常に持てたら良いなと思います。
そういう意識を無意識に。

って、これは小学生には難しかったかな(;^_^A



ううーん。

何気に器用なところが、次郎を苦しめているのかもしれません。
敵は自分自身、かな~。

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

谷底散歩  

電子機器中毒というか。

次郎の場合、そもそも幼児の頃からPCに触っていました。
自宅にあるのはノートPCなのでキーが取れて無くなったりもしましたが、
まぁいっかーと。

最初は親の監督下に限定していましたが、
誤飲などの危険がなくなってからは自由に使わせていました。
小学校中学年になるとYouTubeの動画ばかり視聴していましたが、
それも嗜みかなーと。

PC、
テレビ、
これは家族所有だから良いとして、

ラジオ、
3DS、
ポータブルテレビ、
Switch、
タブレット、
これが次郎所有だったのが悪かったのか・・・。

特にうるさく言わないでいたら電子機器には強い子になったのですが、
この夏休みから中毒気味で(;^_^A
タブレットにGoogle Playをインストールしてあげたら嬉々として使い始め、
上手く使いこなすようになってしまったんですよねぇ。

私が、今年は塾の負担があるからと、
特にうるさく言わずに本人に任せていたことも、
良くなかったんだと思います。

で、その異常ぶりに激怒した夫が没収!となりました。

正論過ぎて、次郎も何も言い返せない様子。
うん、そうだよね(笑)

PCもそうだし、テレビやゲーム機器も、
たまに時間を忘れても小学生なら当たり前の範囲で、
そこまで気にならなかったんですよ。

でもタブレットは、
全くもってそういう自己管理ができませんでしたねぇ・・・。
我が子には期待していたのですが、全然ダメでした。

ああ、いろいろな意味で残念!

LINEやスケジュール管理アプリはとても役に立っていたのにね。
次郎には携帯もスマホも持たせていないので、
今までは、外出先の私と自宅の次郎とのやり取りはメールしかなかったんです。
やっと、LINEで電話できるようになったのにぃぃぃ。



「タブレットがないと、本当に時間が余るなぁ」

と暇そうな次郎。
うん、うん。
それだけタブレットに無駄な時間を費やしていたということだね。

「オレ、夏休みほとんど無駄に過ごしちゃったかも・・・」

塾以外で、もっといろいろなことができたはずの時間を、
タブレットに使っちゃったね。
だけどさ、気づけて良かったじゃないの。

「ほんっとうに暇ぁ(*´Д`)」

ちょうど同時期に塾のクラスが変わってしまい、
恐らく多分絶対にタブレットの使い過ぎが原因なのですが、
とりあえずは本人の心からの反省に繋がったようなので、
まぁがんばりなさいよね、という感じです。

それにしても、

かなり悪い成績だったせいか、塾の先生が優しかったです。
きっと、その子に合わせるのでしょうね。
次郎の場合は、重く受け止めてしまうタイプという判断かなと。

私は、これが今で良かった、というかむしろ今がベスト!と思います。
何事でも、どこかでこういうことが起きるもの。
ただ期間が区切られている中学受験では、
5年の秋以降に初めてこれを経験してしまうと立て直しがキツイ。
さっさと経験しておくのがベスト!

そりゃあもっと早い方が良かったけれど、
始めたのが遅かったのだからしょうがないよー。

さて少し、踏ん張らなきゃね(*´Д`)

category: 小学校

tb: 0   cm: 1

希望的観測なのか  

塾まで迎えに行くと、
他の子達の様子が多少わかるのですが、

私が見た範囲では、

苛々している子、
落ち込んでいる子、
困っている子、
疲れている子、
弱っている子、

そういう子がいないんですよー。

健全というか、
やる気があるというか、
キラキラしているというか、

「親とか周囲にやらされている子」って、案外いないものなんですかねぇ。
それとも、きっかけは親だったり周囲だったりしても、現在は本人が自覚して取り組んでいる。
そんな感じなのかな?

ああ、もしかしたら眼鏡の子は多いかもしれません。
ちなみに次郎も眼鏡。
眼鏡=ガリ勉という印象を持っているひとが見たら、ガリ勉集団に見えるかも!

でもとりあえず、今のところ空気は悪くないみたいです。
私が「中学受験塾」という言葉から勝手に想像していたものとは、違ってました。
ぶっちゃけ、もう少し負のオーラが見えるのかなと思っていたのですが・・・。

次郎も、クラスの雰囲気がとても良いと言います。
むしろ、楽しい→うるさいで先生方から学年で一番怒られているらしく、
しょっちゅう怒られた話をしているくらいで・・・(*´Д`)

男女関係なく、以前のクラスの子とも仲良しです。
小学校では女の子とは接点が少ないようで、
年齢的にも今はそういう時期だという認識ですが、
塾だと性別関係ないのかもしれません。
そして、クラスの女子率が高いので、若干押され気味(笑)

家庭・小学校とは別のところに子どもの居場所があるって、良いな(*´Д`)
それは居心地が良かったら何でも何処でも良いんです。

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

悪くはないけど、良くもない  

次郎は勉強中に音楽を聞いています。

以前は私のiPhoneに次郎用プレイリストを作ってあげたりしたのですが、
今はラジオを聞いたりタブレットのYouTubeで作業用BGMを聞いたり、
特にYouTubeならいくらでも好みのものが探せるので愛用しているようです。

今時の小学生はこういう感じなんでしょうかねー。
な、生意気だわ・・・!

また次郎の場合、
懐メロ好きな私ですら知らない昭和の音楽を聞いていたりするので、
一体何者なんだ!?と若干引いてしまいます。
耳に残ると鼻歌を歌ったりするので、年齢詐称疑惑が持ち上がりそう(;^_^A



とまぁ、そんな感じで、
見た目は集中しているように全く見えないことも多いんです。

頭手足のどこかでリズムを取ったり、
鼻歌を歌ったり、
・・・

それでも基本的にはご機嫌に勉強しているならと放っているのですが、
例えば通りすがりにふと目をやると、
算数の問題で角度の「角」という文字を間違えて書いていたりして、
全問×で「オイ!」と言いたくなります。

何ていうかこう、
そこから間違うの!?という間違いなので・・・。

公開模試でも、難易度A・B問題が×でC問題が〇(全部じゃないですよ、念のため)とか、
本人はC問題の方が面白いんでしょうね、全力で取り組む。そして解けたら嬉しい。
その気持ちはわかる、わかるんだけど、
結局、最後に笑うのは難易度A・B問題をきちんと正解した子なんだと思うんですよ。

持っているものは、きっと悪くない。
悪くはないんだけれど、良くもない。
そんな次郎ですヽ(´ー`)

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

次郎の武器  

次郎の武器は、知的好奇心。

これは今が旬・・・!
親として、できる範囲でできる限り満たしてあげたい。
それだけなんです。

親が希望する時期(例えば大学受験前)にそれが残っているかと言ったら、
まず残っていないでしょう。

だって、
自分でコントロールできるものじゃない。
親がコントロールできるものでもない。

残念な気もしますが、まぁ、好きってそういうことですもんね。
好きなものは、好き。
好きなんだから、しょうがないよね。

ただこれって、

嫌いなものは、嫌い。
嫌いなんだから、しょうがないよね。

に変わる可能性だってあるんですよねー。
さて、どうなりますことやら(;^_^A



もう少し時間が経ったら、
子どもへの期待が生まれたりするのかな?
正直なところ、今はまだ、それはないんです。

また逆に、諦めもなくて。

どちらにも転ぶ可能性があるし、
どちらに転んでも良いと思っているので・・・。

う~む。
「タッチ」の浅倉南ちゃんみたいになる方が良いんでしょうかね。
私は彼女よりも新田由加ちゃんの方が好きなのですが(←)

ブログを読み返してみたら「女優になれ!」と書いてありました。
昔の私ってば、良いことを書いてるじゃないの・・・!(笑)

さてさて、どんな風に演技しましょうか。
って、それを見抜くのが子どもだったりするんですけどねぇ(^^ゞ

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

子どもを信じること  

子どもに無理させる気は毛頭無いのですが、
通塾しているだけで無理することになっている現状。
親として気にならない訳がありません!が、

夏期講習という地獄をくぐり抜けたことが、
ひとつの自信に繋がった。
そういう面もあるんです。

この夏の次郎は、
お腹が弱い子ではないのに弱くなってしまい、
腹巻をしたり綿のパーカーを着たり、
私もお薬を常備してあげたりして、
不安定に過ごしていました。

転塾直後の1ヶ月だけは一番前の席だったのですが、
身体が大きいせいか、
席替えしても毎回一番後ろの席になってしまい、
空調がきつい→身体が冷えるんだそうで・・・。

塾だけという訳にはいかず、
実は、琴引浜でも海遊館でも、
なかなか思うように遊べなくって・・・。
可哀相に思ってしまうくらいでした。

今はもう空調がそこまできつくないし、
体調が安定してきました。
良かった、良かった。



子どもを信じる。

という言葉がありますが、
親は心配を押し隠して子どもを理解する、
それが子どもを信じるということなんだなと。
そんな風に感じた夏休みでした。

なかなか、大変なんだなぁ(ノ_・。)

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

理想と現実  

私の理想の夏休みからは程遠かった次郎。
夫も同じような感想を抱いたようです。

ただそこで、
「小学生は外で遊ぶのが仕事!」
「勉強ばかりじゃダメになる!」
と無理矢理に外に出すような夫ではなく・・・。

良かったな、と思うんですよね。

「だって、しょうがないよな。
 本人がやりたいって言って、やってるんだからさ」

だよね、だよねー!
周囲はそういう目で見ることもあるでしょうが、
親は、我が子をそのまんま受け止めてあげたいよね。

そして夫は、次郎が勉強している傍らで、
ゲームをしたり動画(アニメ)を見たり、
「遊ぼうぜ」と次郎を誘ったり(そして断られたり)、

私は某掲示板を眺めたり漫画を読んだり、

次郎の前でも普通に過ごしちゃってます。
次郎だけが机に向かって勉強しているとか、
我が家では日常茶飯事(ノ´∀`*)☆

いやだって、
子どもの前ではきちんと行動!なんて決めたら、
疲れちゃう・・・。



夫 「明日の日曜日、空いてる?」
次 「空いてるけど、塾の宿題やるの」
夫 「つまんないやつー」

というやり取りが今朝あったようですが、
まぁね、しょうがないよね(*´Д`)

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

伝えたい言葉  

私が母によく言われたこと。

「でれすけ」

ちなみに、実家のある地方では「行動が遅い」という意味で使われます。
母から見たら、特にそういう子だったんでしょう。
フルタイムで働いていたので、時間がないひとでしたし。

ただまぁ、「遅い」と言われても早くはならないんですよねー(*´Д`)

むしろ「遅い」と繰り返し言われ続けていると、
マインドコントロールじゃないけれど、
まるで言い聞かされているみたいになってきて・・・。

親に言い返すとか反抗するとか、
私自身がそういう性質ではなく、
母との関係もそういう行動が取れる程じゃなく、
ただ一方的に言われるがままだったっけ。



私は次郎にどんな言葉をかけているのかな。

意識して伝えようと思っているのは、
自分が一度もかけてもらえなかった言葉。
「だいすき」「かわいい」「ぷにぷに(←)」

ああそういえば、
披露宴のウエディングドレス姿は「綺麗だったね」と褒めてくれたっけなぁ。
「ゆう子はお姉ちゃんと違ってもっと太っていると思っていたのに、
 そんなこと全然なくて綺麗だったね」って。
母から容姿を褒められた記憶がほとんどなくて、これくらいでしょうか。

容姿に限らず、基本的に褒められた記憶がほとんどありません。
一応私にも、褒められるようなネタがあったはずなんですが、
自分(母)もそうだった、お兄ちゃんもそうだった、お姉ちゃんもそうだった、・・・で終わり。
それって褒め言葉じゃないってば(笑)

父は褒める褒めない以前に会話が少なくて、
両親揃って私に無関心なのですよね(;^_^A

ということで、

私から次郎へ、何度も繰り返し、伝えたい言葉。
これからも伝えていきたいと思います。

category: ■ 日常生活

tb: 0   cm: 0